ネットショップ運営の為の レンタルサーバー選び

サイトの表示速度が遅いとSEO的に不利?

サイトの表示速度が遅い SEO対策に「絶対」はありませんが、一般的に多くの検索エンジンで有効だろうと考えられている方策は大きく分けて2つあります。

1つ目はキーワード対策です。

ネットショップならば「これを売りたい」と思う商品の、例えば種別などの大分類。

いわゆる「ビッグキーワード」は競争相手が多いので避けたほうが無難です。

出来るだけ詳細に、例えば商品名と型式とか、ブランド名や特徴とか、いくつかのキーワードを組み合わせた「複合キーワード」の方がライバルをそぎ落として効果が高いと言われます。

このキーワードを含めたタイトルタグの設定や、見出しタグと、本文内に適正に設置しておくことが、まず有効です。

2つ目が被リンク対策です。

数的には、異なるドメイン(出来る限りIPアドレスも別の)のサイトからのリンクを多く獲得すること。

質的には、自分のサイトや商品と関連するテーマのサイトであること。それもそのサイト自体が被リンク先を多く持つ優良なサイトならなお効果的です。

また、質そのものもバラけさせるという考え方も重要です。上記のような条件を備えた良質な被リンク元の他に、さほど良質とは言えなさそうな被リンク元も多く揃えることが有効です。

具体的には中小検索エンジンを用いたリンク集。それから大手ブログサービス(ライブドアやアメブロなど)での、関連テーマのブログからのリンクなども有効だと考えられます。

ところで、日本では検索エンジンを利用する人の多くはYahooかGoogleを利用しています。この2社で国内のシェア9割を占めています。

さらに注目したいのは数年前から2社は提携し、現在はYahooもGoogleのエンジンを使用しています。

つまりGoogleのアルゴリズムを押さえられれば、国内の検索エンジン市場の9割にリーチすることになります。

そのGoogleの評価指標の一つに、「ページの表示速度」があると言われています。

もちろんGoogleのアルゴリズムは絶対極秘事項ですが、このことに関しては、公式に発表されていますので、少なくとも事実として受け止めても良いでしょう。

いずれにせよ、SEOでは可能性のあることにはとにかく取り組むことが大事です。ページの表示速度を速めるためには、まずhtmlソフトの容量を軽くすることが考えられます。

しかしそのためにサイトの内容をどうこうすることには限界があります。当然やるべきことはやるべきですが、そこから1歩進んで、転送速度の速いサーバーを利用することも検討するべきでしょう。

最初にサーバーを選ぶ段階では検討を要しますが、後は日々手を加える必要もないのでかなり効率の高いSEO対策だと言えそうです。





ページのトップへ▲

DNA SLIM 遺伝子ダイエットPick UP!!

こないだダイエット仲間の洋子ちゃんに遺伝子ダイエットのことを教えて貰いました、DNA検査をして遺伝子の型を調べると効率よく痩せる方法、その人に適したダイエット方法を指導して貰えるらしいです。病院とかで遺伝子検査すると費用も高額ですが、DNAスリムの遺伝子検査キットなら、わりと安く検査できるみたいです。

MENU
エックスサーバーがSEOに強い理由
お名前.comレンタルサーバー
アイルはサーバーダウンにも強い
リスティング広告で集客する
ネットショップにSSLは必要?
サポート体制を考える
SEO対策で集客する
表示速度が遅いとSEO的に不利
独自ドメインの利点
マルチドメインの意味は?
脱毛後のお手入れは?